ビジネスのコストと地球の負担にエネルギー問題の解決は急務

オフィスの空調を変更してコストを削減する

何が原因なのか知る

工場の省エネを考えるときには、まずは何が原因でエネルギーを消費しているのかを考える必要があります。必要な消費エネルギーもありますが、削減できる消費エネルギーも存在するため、まずは現状を知ることが大切です。

詳しく読む

計画的に行う

省エネを行うためにはやらなくてはいけないこと、やったほうが良い事などがたくさんあります。工場ではどうしても消費エネルギーが大きくなってしまいますが、計画的に削減できる場所を見つけていくことで解決することが出来ます。

詳しく読む

切磋琢磨

工場での省エネは企業としての経費削減だけではなく、工場周辺の環境保護などにも効果を出すと言われてます。そのため、多くの企業が積極的に省エネに向けて切磋琢磨しているという現状があります。

詳しく読む

なるべく減らすべき

人間全体の問題

地球が怒っている、そうとしか思えない天変地異が近来起こりやすくなっています。
台風や集中豪雨、そして自然発火による山火事はもちろんのこと、日本においては特に地震が頻繁に起こることには注目しておく必要があります。
もちろん、天変地異が起こることは避ける事ができないものです。それでも、最近ではあまりにも天変地異が起こることが多くなっているように感じる部分があります。
そこで着目したいのは、地球温暖化という問題です。
地球温暖化によって自然環境が変化したことが、少なからず地球全体の環境が変化していることにつながっていると見ることができます。
それでなくとも、地球温暖化という問題は解決するべき問題で、その原因となるエネルギーの使い方を人間は見なおす必要があります。
人間全体の問題として、地球温暖化にしっかりと向き合うことが欠かせません。

高度経済成長の代償

人間社会が一気に発展した時期のことを高度経済成長と呼びます。日本においても、1970年代はまさにその時代で、周りのことは顧みず日本が成長することばかりを考えていた頃がありました。
ですが、この時に起こった社会問題もまた、地球からの逆襲だといえます。
四大公害病を始めとする問題が発生することによって、たくさんの日本人が苦しい思いをすることになりました。
そして、それに近い状況が今では海外でも起こるようになりつつあります。
中国の経済成長の状況などは、まさにその一例だといえます。
おどろおどろしい極彩色の川など、日本の高度経済成長期以上の社会問題が起こるようになっていることには恐怖を感じることを禁じえません。
このような状況下で日本人ができることは、ちょっとでもエネルギーの消費を削減して、自然にやさしい環境を率先的に形成していくことです。
他者を変えることは難しいからこそ、自分が変わるしかありません。
日本が行うべき責務として、自然環境を保護できるようにエネルギー問題について積極的に考えることが重要です。