ビジネスのコストと地球の負担にエネルギー問題の解決は急務

オフィスの空調を変更してコストを削減する

切磋琢磨

設備を導入する

工場内で省エネを行う際には家庭内で行うよりも、大規模な対策が必要となってくる。
例えば照明、通常の蛍光灯や電球だと、照明の入れ替えを頻繁に行わなければいけないことがある。
しかし工場内の照明をLEDの照明に変えることによって、頻繁に照明を変える必要も無くなり、かつエネルギー消費も少ないため、大きく省エネに貢献することができるのだ。
工場内の天井はとても高いことが多い。照明の入れ替えを行う回数が減るということは、高い位置に存在する照明を付け替える手間が省けるということで、付替えに掛かるコストを抑えることも可能である。

整理整頓を行う

工場の省エネ化の方法の一つとして、整理整頓を行う取り組みも存在する。
整理・整頓・清掃・清潔・しつけ、この5つを合わせて5Sと呼ばれる。
この5Sが不十分になってしまうと作業効率がとても悪くなってしまい、結果コストやエネルギー使用料の増加の原因となってしまうのだ。
そのことを防ぐために、工場内での清掃や整頓を強化する取り組みを行っている場所も存在する。
作業効率が上がることによって、結果省エネだけでなく工場の生産性も上がることになるので工場にとっては良い取り組みだといえる。
この5Sを行う際には、工場の経営層がしっかりと実行体制に移ることが重要となってくる。
適期的に責任者が5Sをできているか確認し、管理することによって、5Sを継続していくことができるのだ。
身近な整理整頓を行うだけで省エネに繋がるのならば、この方法はとても簡単に行うことが出来、とても重要な省エネ対策の方法だといえるだろう。